暇なおっさんの挑戦

独身30代おっさんの体験記とお役立ち情報をご紹介!

ビジネスクレジットカードを作った

法人用のクレジットカードを作った。

個人のカードでも大丈夫そうだったが、法人名義のカードがあれば支払いも個人と区別が付くので良いとのこと。

 

マネーフォワードのMFクラウド会計を使うことにしたので、クレジットカードを連携対処にすれば、支払い履歴を自動で取り込んでくれる。 

毎月2980円(ライトプランなら1980円)払うのは正直迷ったが、これだけ楽になるなら払ってもいい。

 

最近は厳しくなっているらしく、会社を作ったばかりだと法人名義の口座開設が難しいようだ。幸い、個人事業主時代から使っていた、りそな銀行はすぐに審査が通った。

申し込みから1週間後に審査通過の連絡、店舗に行ってから開設届けを出す、1週間後に通帳とキャッシュカードが届く、といった感じ。

 

ちなみにデビットカードも同時に作れる。

年会費は1年に1回でも使えば、翌年無料とのこと。しかも、使った金額の0.6%の現金キャッシュバック付きだ。

しかし、りそな銀行は振込手数料が高すぎる。ネットバンキングから振込手数料は648円もする。

 

そこで住信SBIネット銀行の口座も開設することにした。ネット銀行系はわりと審査がゆるいとされているが、メガバンク同様に厳しくなってるようだ。

申し込みから審査通過まで2週間、キャッシュカードが届くまでに10日ほどかかった。その間に口座の使用目的(事業用決済に使うなど)を聞かれたり、やはり厳しいのかもしれない。

他の銀行口座を持っているか、なども聞かれたので、他の銀行で口座開設ができてると有利なのかもしれない。あとは、資本金が少なすぎるのもまずそうだ。

 

りそな銀行同様にデビットカードも作れる。

年会費無料で、1000円ごとに6ポイント貯まるので、同じく0.6%の還元率だ。

ただ、SBIのデビットカードを使おうとしてエラーになったことがあった。りそな銀行のデビットカードは使えたので、同じデビットカードでも支払先によっては使えないこともあるようなので注意。

 

Visaカードに付帯されている、Visaビジネスオファー経由でMFクラウド会計に申し込むとベーシックプラン3ヶ月無料になるのでお得だと思う。

 

続いて、決算書・確定申告書の提出不要のミライノカードも申し込んだ。

ミライノカード Business ライト」であれば、年会費無料なので作って損はない。会社を設立したばかりだと、クレジットカードの審査が厳しくて作れないことも多い。

さらにビジネスカードだと年会費がかかるところも多い。

 

こちらは、ネット経由で本人確認書類などをアップするだけで、2週間ほどで届いた。

ETCカードも無料発行してくれるのでとてもお得感がある。

 

ただ一つ弱点がある。ApplePay未対応だということ。

「カードを追加できませんでした。」と出たので、ミライノカード発行元に問い合わせてみた。

 

担当者の方もよく分からないらしく、何度も保留されたのち、ビジネスカードは未対応ということがわかった。

薄々勘付いていた。個人用のミライノカードにはQUICPayが付帯されているが、ビジネス用には付いてなかったからだ。

 

別にQUICPay使えなくてええやん。

そう思う気持ちも分かる。だって、QUICPay使えたら、だいたいクレジットカードも使えるからね…。

暗証番号入力したり、署名したりが少し面倒という理由なんだけど、レジで後ろに並んでるのにクレジットカードで決済して時間取るのもね…スマートにピピッとすぐ終わらせたい。あとスマホだけ持ってれば支払いできるのも安心感ある。

  

ミライノカードを作ったが、デビットカードと違ってキャッシュバックはない。

それならデビットカードで決済した方がお得なのだが、明細を見るとID番号しか表記されないので、パッと見わかりにくい。

決済した直後にメールで支払明細が届くが、時間が経ってから仕訳作業をおこなうと、なんの支払いだったのか分からなくなり、とても大変だ。

 

そんなこんなで、ApplePay対応のビジネスカードが欲しいこの頃。