ゆうちょ銀行で屋号口座が作れなかった話

ここのところブログをサボっておりました。ウーバーイーツをやったり、新しい仕事を開拓したりとバタバタです。歯列矯正や脱毛記事も書いていかないとだめですね。

今回は、ウーバーイーツとネットショップを作るにあたって、本業とは別に確定申告をする必要があったので、新たに個人事業主の開業届けを出しました。それに伴って、事業用口座として、ゆうちょ銀行で屋号名の口座を作ろうと思ったわけです。

ゆうちょ銀行で屋号口座①屋号のみで口座が作れる

メガバンクやネット銀行で屋号名の入った口座を作ると「屋号+個人名」になってしまいますが、ゆうちょ銀行では振替口座(当座預金)という形で、屋号名のみの口座開設ができるのです。

個人商店の屋号名で振替口座を開設できますか。 | よくあるご質問 | 株式会社ゆうちょ銀行
法人格を有さない個人事業主の方は、屋号名で活動していることがわかる資料をご提出していただくことで屋号を別名として登録した振替口座をお申込みいただけます。別名のみを表記することも...

開設した郵便局ではないと引き出せなかったり、キャッシュカード、通帳がないなど不便はありますが、ゆうちょダイレクトに申し込むことで、ゆうちょ銀行の総合口座に無料で振り替えることが可能です。

ゆうちょ銀行で屋号口座②受け付けで断られる

まず、ランチのついでに近くにあった郵便局に行って手続きをしてみることにしました。必要な書類はネットで調べ、「開業届」「印鑑」「運転免許証」「特定商取引法表示のコピー」を持っていきました。

屋号口座を作りたいことを伝えると、「法人登記された方以外は作れない」「住所の後ろに屋号が付く形になり、口座名義は個人名になる」とのこと。

振替口座でも無理ということで、まったく相手にされず…。審査がきびしくなったのか、担当者がただ知らなかったのか分かりません。帰り際になに知ったかしてるんだと言わんばかりな態度にイラっとしてしまいました。

屋号名の振替口座を作ってるブログはたくさん出てくるので、さすがにそんなわけないと思いつつ、もう一つ近くの郵便局に行ってみることに。

ゆうちょ銀行で屋号口座③ようやく手続きできる

もう一つの郵便局に行き、同じように屋号の口座を作りたいことを告げると、なにやらマニュアルを取り出して調べてくれます。これはさっきの人と違っていい人だ。

振替口座という形なら作れるかも知れないとのこと。ようやく分かってくれる人が見つかりました。かなりイレギュラーな内容なのか、担当者によっては知らないのかもしれないですね。

用意してきた書類を見せて、振替口座の書類を書いていきます。けっこう書く書類が多くて大変です…これは面倒なことをお願いしてしまいました。

なんとか書類の提出が終わると開設まで1週間ほどかかるとのこと。

ゆうちょ銀行で屋号口座④開設できなかった

最初の郵便局の対応にイライラしてしまった私は、郵便局の問い合わせフォームから口座を作れなかったことをクレームしてしまいました。翌営業日に指導しておきますという返信が届くと同時に手続きをした郵便局から電話がかかってきました。

口座を作る理由でも聞かれるのかなと思ったら、同じ屋号名の口座がすでに存在するので作れませんとのこと。個人名なら作れるとのことですが、これだとわざわざ振替口座を個人名で作る意味はないですね。指導しておきますと言っておきながら、NGに入ってしまったパターンな気がしますね…余計なことをしてしまった。

それほど被るような屋号でもないし、正直なところ同名の屋号が存在してるから作れないとは意味が分かりません。同じ名前の法人が存在していたとして、口座が作れないなんてことないないですよね…これは体よく断られたのか。この断り方だと屋号を変更しない限り作れないので、絶対に作らせないという強い意志を感じます…w

なんとなく断れた理由を考えるとこんなところでしょうか。

  1. 提出した開業届がe-TAXの電子申請をしたコピーだった。(申請後の受け付け表も添付済み)
  2. 印刷した特定商取引法表示の書き方がだめだった。(開業届だけで開設できた人もいるので謎)
  3. クレームを言ったのがマイナス評価だった。
  4. 犯罪利用が多いので審査がきびしくなっている。
  5. 本当に同名の屋号が存在している場合、開設できない。
  6. 開業したばかりだったので怪しまれた。

ゆうちょ銀行で屋号口座⑤なんとか作る方法を考える

屋号を少し変えて作れないか聞いてみると、開業届の屋号に書いてあるものになるので無理だということ。

それならば、屋号を変えればいいのではと。まだ開業届を出したばかりで、それほど屋号にはこだわりはありません。なので再提出して、絶対に被らない屋号に変更してしまえばいいんじゃないかと。

ちなみに屋号の変更は、その都度開業届を出す必要はないのですが、口座開設などで開業届が必要となる場合は、再提出した方がいいのかもしれません。ちなみに再提出した場合、一番最初に提出した開業日をそのまま受け継ぐことが可能なようで、新しく提出したものに上書きされるようです。税務署は税金さえちゃんと払ってれば割といい加減でも通る気がします。

さらに屋号は、一個人に対して複数割り当てることができるので、開業届けを新たに出して、備考欄に屋号の追加とでも書いておけば申請が通るようです。

屋号が理由で断られたならこれでどうにかなりますが、そもそも他の理由が原因だったとすれば、無駄なことになりますね…。受け付けでの手続きに手間もかけてしまうので、再申請するのも気が引けます。それだったら最初から基準を満たさないから却下とでもはっきり言ってほしいものです。

もう一度審査に出しても結局、貯金事務センターという所で審査をしているようなので、同じ人間が再申請しても却下される気がします。電子申請ではなく、税務署に行って受付印があるものを提出した方が信用度があったのかなぁ、クレームしなきゃ良かったなぁ、と考えても仕方ないですね。

仕方なくネットバンクの屋号+個人名の口座開設にして諦めるしかないかな。

コメント

タイトルとURLをコピーしました