暇なおっさんの挑戦

独身30代おっさんの体験記とお役立ち情報をご紹介!

歯列矯正歯科の探し方 その4

一からクリニック探しへ

すぐに決めるはずだったのに気づけば、3件目のクリニック探し…。実際に探し始めると想定外のことが起こるものだと思った。

 

年末までそんなに時間に余裕があるわけではないので、急がなくてはいけない。

精密検査から装置を付けるまでに3ヶ月はかかるのが一般的だからだ。

  1. 裏側矯正に詳しい。出来れば、日本舌側矯正歯科学会の認定医。
  2. 年末までに全額支払いできる。
  3. 家からできるだけ近い。

この条件を追加してネットで探しまくる。

精密検査

ようやく見つけた歯科クリニックに初診相談の予約をする。

 

家から少し遠くなってしまうのがネックだが、トラブルが無ければ月1回程度の通院になるので、そこまで負担にはならないだろう。

 

初診相談に行くと、院長先生が口内を診てくれる。

 

もうこの流れは何度も経験しているので慣れてしまった。

 

すでに2件診てもらってるので、もう知りたいこともあまりない。先生のタイプ的には、かなりフランクな感じだ。他のクリニックを回っているのを察してか、こちらから聞かなければ積極的に説明してくれる感じではないが、聞けば何でも答えてくれる。

 

使う装置は、ALIASかSTbということだが、慣れているSTbになりそうな感じだ。

支払いも問題なく年内に出来ることを確認してここに決めた。

 

時間を空けてから精密検査を決める人が多いようだったが、面倒だったのでその日のうちにお願いした。

 

歯型を取り、レントゲンやらCTを撮る。そしてカメラで色んな角度から歯やら横顔を撮影。まさか顔も撮影されると思っていなかったので小っ恥ずかしい…。

 

歯型から模型を作ったりするのに1ヶ月かかるそうだ。

歯列矯正スタート

いよいよ矯正が始まると思うと少し不安だ。これから2年、もしかしたらもう少しかかるかもしれない。我慢できるだろうか…。

 

 

歯も4本抜くことになりそうだ。歯を抜いたらもう後戻りできない。

 

大人になってから、いや、おっさんになってからこんな思いするなんて嫌だわー。

 

やっぱり子供のうちからちゃんと歯並びを治すべきだね。お金に余裕がなくても分割払いとかできるわけだし。むしろ保険適用にしてほしいわ。

 

そして矯正歯科クリニックは女性スタッフが多いし、成人男性で矯正する人は少ないから居心地が悪い…w

よくよく思い返すと、今まで行ったクリニックで先生以外みんな女性スタッフだったな。

 

これはおっさんにとってはハードルが高め。

早く装置付けて、ちゃちゃっと終わらせたいな〜。