暇なおっさんブログ

独身30代おっさんの日々を綴る

上下裏側矯正の装置を付けました

ついに年が明けまして、待ちに待った矯正装置装着の日がやってきました。精密検査を受けてから3ヶ月ほど経っておりますので、ようやく歯列矯正スタートとなり、ウキウキを隠しきれません

 

私は上下ともに裏側に装置を付ける方法なので、表側に比べて時間がかかるようです。幸い予約が空いていたため、一日で上下ともに装置を付けることができました。午前と午後分けて、付ける予定でしたが、午前中にまとめて付けてくれて助かりました。

 

装置装着

まずはブラケットを装着します。どうやらこの作業は歯科衛生士さんがやるようです。正直、歯科医の先生がやってくれると思っていたので少し不安です。

最近は矯正技術も進んでいるようで、インダイレクトボンディングという方法が取られているようです。これは、あらかじめ歯型を使った模型にブラケットを並べて、正確な位置にブラケットを装着できるようにコアというものを作成します。

そのコアが付いたブラケットを実際の歯に乗せるだけで、正確な位置にブラケットを装着できるというわけです。ですので、誰が並べても正確となるはずなので、心配する必要はありません。

逆に目視でブラケットを付ける方法をダイレクトボンディングというそうです。

 

私は奥歯に銀歯が入っているため、ブラケットを付けるのが大変そうでした。銀歯やセラミックの場合、天然歯に比べてブラケットの装着が甘くなるようです。また、私は舌のコントロールが上手くできず、奥歯にブラケットを付ける際にどうしても動いてしまうようです。唾液が付くことで、さらにブラケットが付きずらくなってしまうため、結局奥歯一つのブラケットの装着できず。。。

とりあえず、時間の関係もあったのか、今回は下の奥歯にワイヤーを通さずやるようです。ワイヤーは歯科医の先生がやってくれたので安心です。

 

装着完了

ついに上下に装置が入りました。舌がブラケットにあたって、とにかく痛いです。そして喋りにくい。いや、もはや喋れない。でも気をつけて舌を動かせば我慢できそうです。

歯磨きセットとワックスをもらって終了です。ワックスを無くなったらくれるそうで、買っておかなくてよかったです。

 

この滑舌の悪さが妙におもしろい。装置を付けた直後で少しハイになっていたのか、試しにドコモショップに行くことにしました。

滑舌が悪いにも関わらず、店員さんは上手く聞き取ってくれて優しいです。知らない人から見れば、やべぇやつですよね。

意外と聞き返されることもなく、手続きを終えました。いつもしつこくドコモ光を勧誘しにきますが、この日は私と目を合わせようともしません。なんだそれ。

 

地獄の初めてご飯

これなら我慢できそうと調子に乗って、カレーを食べてみることにしました。新宿にあるモンスナックというお店です。サラサラのスープのようなカレーで、サラサラカレーが好きにな人にはたまりません。さすがに具が入ったのはきついと思い、無難にポークカレーを注文。そして以前もらった、ゆで卵クーポンを使います。

 

すごく食べづらいです…。舌癖のせいか、舌でブラケットに当ててしまい、舌が傷だらけになります。激痛で口を開けるのもきついです。30分以上かけてようやく食べきることができました。豚肉が繊維質のため、ブラケットに挟まるのも気持ち悪かったです。

あまりに舌が痛いため、最後のごちそうさま、もまともに言えません。

 

急いでトイレに駆け込み、口をゆすぐと、血が滲みます。なぜ、調子に乗ってカレーを食べてしまったのか、後悔しかありません。一気にテンションがだだ下がり。大人しく帰ることにしました。

 

後悔しちゃう

舌がブラケットにぶつかるだけで激痛です。もう喋るどころではありません。

「ワタシモウゴハンタベナイ」「ゼリーダケデイキル」

そう決心した私は、スーパーで栄養ゼリーなどを買い込みます

 

口の中に異物が24時間存在すること。そのストレスは半端ありません。外したくて気が狂いそうになります。なぜ、上下裏側にしたのか悔やまれます。これなら下側だけ表にすればよかったと。インビザラインがうらやましくて仕方ありません。

 

グーグルで「歯列矯正 早く終わらせる」と何度も検索する日々が続きます。

 

栄養ゼリー生活

買い込んだ栄養ゼリーで食いつなぐ日々です。

装着して次の日、奥歯のブラケットが外れてしまいました。銀歯だったので装着甘かったようです。幸いワイヤーは通ってなかったので、影響はないと思い、放置することにしました。

 

二日後、歯科クリニックから電話があり、わざわざ大丈夫か確認してくれました。奥歯のブラケットが外れたことを告げると、ワイヤーが通ってないのでそのままで大丈夫とのこと。舌が痛いせいで滑舌が壊滅的です。説明するのも必死でした。

 

とにかくあたって痛い場所にワックスを付ける。これしかありません。上のブラケットの痛みはほとんどありません。とにかく下側のブラケットがあたって痛いです。

そのうちどうやら、奥歯のワイヤーが強くあたってることに気づきました。通称エンドといわれるところで、ワイヤーの終端でよく舌にあたるようです。

そこにワックスを付けることでだいぶ落ち着きました。

 

5日ほど経つと舌が慣れてきたのか、ブラケットにあたっても痛くありません。人間の適応力は恐ろしいです…。さすがに栄養ゼリー生活は限界です。カロリー計算して食べるようにしていましたが、腹が減りすぎて胃が痛いです。

 

ちなみに、栄養ゼリーでおすすめはイオンの栄養ゼリーです。これは100円で180キロカロリーなのでコスパがいいです。これだけだと栄養分が足りませんので、カロリーメイトの栄養ゼリーもしくは、メイバランスが良いです。

どうしてもたんぱく質が足りなくなりますので、プロテインも飲んだ方がいいと思います。あとはマルチビタミンのサプリを飲んでいました。

 

固形物を食べる

5日経ってようやく舌が慣れたので、おかゆを食べてみました。体に染み渡るようで、めっちゃ美味しかったです…。食欲が止まらず、買いだめしておいたうどんも食べてしまいました。

 

ブラケットに挟まるのが気持ち悪いので、すぐに歯磨きしてしまいます。そして食べるのにめちゃくちゃ時間がかかります。慣れるまで、外食は難しそうです。

 

一週間経つとだいぶ慣れてきました。まだ滑舌はおかしいのですが、痛みはなくなったので、ひたすら喋って練習するしかないです。

大好きなラーメンを食べれるようになったので、これさえあれば生き抜くことができます。

 

歯の痛みはほとんどなく、食いしばると圧痛がある程度で、一番気になったのは舌の痛みでした。最初はどうなることかと思いましたが、慣れるもんですね。

まだまだ先が長すぎて気が遠くなりますが、頑張るしかありません。