暇なおっさんブログ

独身30代おっさんの日々を綴る

電動歯ブラシを買いました

歯列矯正装置を付けてからというもの食後すぐに歯を磨くため、歯磨きの回数がかなり増えました。さらに一度の歯磨きに10分ほどかかるため、さすがに面倒になってきました。

 

そこで電動歯ブラシを買ってみることにしました。購入したのは、フィリップスのソニッケアーという電動歯ブラシです。ロートルな人間としては、電動歯ブラシなんてちゃんと磨けないし、意味ないと思っておりましたが、どうやら最近の電動歯ブラシはすごいようです。

 

この電動歯ブラシを使うことで、毎分3万1000回という振動を使って、わずか二分ほどでブラッシングが完了します。歯列矯正中の方も使っているようで、矯正装置を付けていても問題ありません

しかし、あまりにもバリエーションが多いため、どれを買えば良いのか分かりません。

 

結論から言えば、モード、強弱、付加機能、付属品の違い程度しかありません。余計な機能が必要なければ、一番安いモデルで4000円ほどで購入できるようです。

歯列矯正中、初めての電動歯ブラシということで安物買いの銭失いは避けたいところです。

  1. 歯列矯正装置が付いた状態でも使えるように弱の切り替えができるもの。
  2. 加圧防止センサーが付いたもの。
  3. ホワイトニング効果のあるホワイトモードが使えるもの。

ということで、プロテクトクリーンのプレミアムというモデルを購入することにしました。Amazonで1万5000円ほどになりますので、なかなかのお値段です。

 

届いた

さっそく使ってみて数週間経過しましたのでレポします。

最初は電動歯ブラシの使い方に戸惑いました。というのは、歯の上に置くだけで、あとは振動でブラッシングしてくれるため、手を動かす必要がありません。

一箇所2秒間置くだけなので一瞬です。ちゃんと磨けているのか不安になるほどです。

また、カドペーサーという機能があり、歯を4区間に分けて必要なブラッシング時間を教えてくれる機能もあります。

 

ブラッシング中は振動でビシャビシャになったり、磨き方に慣れるまで少し時間がかかりました。

使ってみた感想

ソニッケアーを使ったあとは、歯がスッキリしてかなり磨けている感覚があります。

大きい食べかすは逆に歯の間に挟まってしまうので、最初に手磨きで大きい食べかすを取り除いてから使うのがいいと思います。

 

正直、プロテクトクリーンを買ったのは失敗でした。というのは、歯列矯正装置を付いていたので、強だと不安だったのですが、全然余裕でした。現在は、強しか使っていません

 

また、ブラッシングモードですが、ホワイトモードやクリーンモードに切り替えても、ブラッシング時間と微妙に振動が変わるだけで、あまり意味がないと思いました。

 

カドペーサーについては、区間ごとにブラッシング時間を伝えてくれますが、歯列矯正装置が付いていることもあり、普通のブラッシングより時間がかかります。なので、カドペーサーは役に立たないと思いました。

 

現在は、強のクリーンモード(2分)を使ってブラッシングしていますが、時間が足りませんので、クリーンモードを二回使って、実際は3〜4分かけて磨いています

と言っても、手で磨くより圧倒的に早いので買ってよかったと思いました。

 

歯列矯正装置が付いているため、どうしても食べかすが取り除けない部分もありますので、フロスも併用したほうが良さそうです。

 

先日、歯列矯正の調整日で歯科衛生士さんに歯を診てもらいましたが、よく磨けていると褒められました。ちゃんと磨けているか不安でしたが、下手に手磨きするより良さそうです。