暇なおっさんブログ

独身30代おっさんの日々を綴る

【愛知編】愛知と三重に行ってきました その2

月曜日の名古屋に来てしまった私。観光施設はどこもやっていません。

最後の希望、大須に向けて出発です。

 

大須

さっそく教えてもらったら大須に移動します。どうやら、上前津駅から歩いていけるようです。駅を出るとすぐアーケード街を見つけました。大きい招き猫があります。

そして隣にメイド喫茶というカオスな世界です。

 

f:id:himanahitoda:20190429173500j:plain

若者が多めで雰囲気は原宿みたいな感じでしょうか。食べ歩きしながら歩くと楽しそうです。友達やファミリーで行くともっと楽しめそうですね。

 

f:id:himanahitoda:20190429173703j:plain

アーケード街の終点に大須観音がありました。こぢんまりとしたお寺ですが、鳩がたくさんいて、子供たちと戯れている姿は癒やされました。

 

しら河のひつまぶし

さすがに歩きすぎたのか、足が痛いし、疲労感が凄まじい。それにしても、ここまで痛くなるのだろうか。

喉がとても痛くて熱っぽい、この時点で完全に風邪を引いていることを悟ったのです…。

 

ちょうど営業時間の17時になったので、栄にある「しら河」というひつまぶしのお店に向かいました。

「ひつまぶし」と「赤だし」を注文。

 

f:id:himanahitoda:20190429164538j:plain

実はひつまぶしを食べるのは初めてです。恥ずかしいのでお作法はネットで調べました。四等分もしくは三等分にして、お茶碗に取り、薬味を乗せたり、お茶漬けにして食べるようです。

 

正直、風邪を引いていて、味をあまり感じられません。もったいない…。お茶漬けにして食べるのが一番美味しかったです。

 

おっさん評価

★★★★☆(4.5ポイント)

とても美味しかったです。初めてのひつまぶしですが、満足できました。

 

レッドプラネット 名古屋 錦

お腹も満たされたので、早々にホテルに向かうことにしました。意識が朦朧として、歩くのもつらいです。

途中、マツキヨで体温計と風邪薬を購入します。

 

今回のホテルは、「レッドプラネット」というホテルです。

フィリピンやインドネシアなどのアジア圏で展開しているホテルグループで、タイのバンコクに本社があるようです。

 

f:id:himanahitoda:20190429164921j:plain

見た目はその名の通り、赤を基調にした派手な装いです。いかにも海外というオーラが出ています。しかし、驚くことなかれ、素泊まりですが一泊3690円です。

 

案内された部屋を見ると、浴槽がシャワールームになっており、普通のビジネスホテルと大差ありません。非常に清潔感があって、これでこの価格なら間違いなくオススメです。

f:id:himanahitoda:20190429164821j:plain

 

f:id:himanahitoda:20190429164726j:plain

旅先で風邪を引く

寒気と喉の痛み、頭痛…旅先で風邪を引くのはこれが初めてです。

体温を測ると、38.7℃を記録。そりゃつらいわけです。

 

だるい体にムチを打ち、シャワーを浴び、ベッドに潜り込みます。

寒い…とにかく寒い。

途中、目が覚めるとベッドは汗でびっしょりです。体は少し楽になりましたが、相変わらず、喉の痛みがひどいです。ツバを飲み込むだけでも痛みます。

ただひたすら寒さと戦い続けます。

 

朝の7時に目が覚めると、少しすっきりした気がします。体温は相変わらず37℃後半と高めですが、今日を逃すと天気が悪くなり、三重県に行っても意味がありません。

気合を入れ、名古屋駅に向かいます。