暇なおっさんの挑戦

独身30代おっさんの体験記とお役立ち情報をご紹介!

歯列矯正の調整8回目

f:id:himanahitoda:20191007145728p:plain

8回目の調整に行ってきました。前回から5週間後になります。

装置を装着してから8ヶ月が経ちました。

またもや矯正装置が外れてしまい、クリニックに行って付け直してもらってます。

上の奥歯の装置が外れる

前回の調整から一週間ほど経ったところで、またもや装置が外れてしまいました。

今度は上顎右奥です。

調子に乗ってスナック菓子をボリボリ食べているときに外れてしまいました。

同じところが何度も外れるということはなく、全部の奥歯一回ずつ外れたことになります。

これだけ頻繁に外れるとなると、付け直してもらうのも気が引けます…。

また数日後になるのか不安でしたが、今回は翌日すぐに予約が取れました。

 

いつも通り、外れた箇所の装置を付けて直してもらいました。ついでにエンドのワイヤーが当たっていたので、蓋のようなレジンを付けてもらいました。

少しマシになったかな?というくらいで、相変わらず痛いですが仕方ありません…。ギシグーを付けて誤魔化します。

前回の調整からの変化

変化は正直あまりなく、交叉咬合のままです…。

下顎の前歯が奥に移動しやすいように、上顎の前歯が少し浮いた感じに変化しましたが、下顎の前歯を乗り越えるまでではありません。

一体いつ改善されるのか不安なのと、噛み合わないことのストレスがつらいです。

調整当日

応急処置から4週間後、調整の日になりました。

8回目の調整は、以下の内容でした。

  1. 上顎のワイヤーを硬いもの交換。
  2. 下顎の1〜3番をパワーチェーン?で固定。

上顎は、前歯を揃えるための柔らかいワイヤーから、後ろに下げるための硬いワイヤーに交換されました。柔らかいものと硬いものとの中間ぐらいの硬さのワイヤーのようで、一度これで慣れさせてからより硬いワイヤーに交換して、後ろに下げるらしいです。

一番気になっていた下顎のワイヤーはそのままのようですが、ループ状のワイヤーを調整し直したところ、エンドのワイヤーが伸びてきて、思ったより動いていたのかと思いました。

下顎のワイヤーは交換してないにも関わらず、歯が動いているような痛みが出ました。

少しずつ移動してきているので、次回ぐらいには交叉咬合も良くなるとのこと。

交叉咬合はいつ治る

上顎の痛みはそれほどなく、なぜか下顎の痛みが出てきました。不思議です。

一日経つと交叉咬合は良くなっており、下顎より上顎の前歯が手前に出るような感じになってきました。まだ前歯が噛み合ってしまっている状態ですが、そろそろ治りそうな気がしてきました。

下顎のエンドのワイヤーが伸びてきて、口の中に当たるようになってしまったのでワックスを欠かすことができません。

しかし、少しずつ良くなってきたので気持ちが楽になってきました。

 

次回までに治ることを期待してがんばります。